自動車の貸し借り|レンタカーを使って上手に自動車と付き合う生活

レンタカーを使って上手に自動車と付き合う生活

  1. ホーム
  2. 自動車の貸し借り

自動車の貸し借り

女の人

簡単な問題ではない

レンタカーを利用することに有用性がある理由、それは何よりも、自動車の貸し借りが気軽に行えるという点にあります。免許を習得したての大学生などが親の車を借りて旅行に出かける光景は、もはや珍しいものではありません。ですが、そのような個人間の車の貸し借りには、ペンを貸し借りするような簡単な問題ではないということに目を向けることが大切です。なぜなら、自動車の貸し借りを行うに当たっては保険の問題が関わってくるからです。万が一のことがあった時に賠償するために必要な保険が、場合によっては加入していても適用されないというケースが有ります。ですから、個人間の車の貸し借りには問題が起こる可能性が潜んでいるため、貸し借りをする前提で利用できるレンタカーのほうが安心できる、という結論に着地できます。

契約者と運転者の問題

レンタカーの場合はカバーされている問題ですが、個人所有の自動車において解決されていない問題に、契約者と運転者の問題があります。自動車を所有するときに必ずと言っていいほど加入するべき自動車保険、すなわち任意保険においては、保証する対象となる運転者を増やすほど保険料が高くなるという問題があります。よって、自分以外が運転しないことを前提に契約するほうが保険料は安くなります。このとき、誰かに車を貸して何らかの事故を起こしてしまった場合、保険適用の対象にはなりません。人身事故はもちろんのこと、ガードレールにこすってしまったような物損事故だったとしても、運転者が任意保険の対象者でなければ、保証される対象にはなりません。必然的に、高額な修理代を自己負担する必要が生まれるため、所有者との不和につながります。その点、レンタカーにおいては自己判断で、借りるときに自動車保険に加入することができます。千円弱で加入できるレンタカー向けの保険なら、簡単に安心を買うことができます。貸し借りをする前提のサービスだからこそ、レンタカー向けの保険は安価に提供されていて、万が一のことがあった時にも安心できるという利点があります。

このエントリーをはてなブックマークに追加